肝臓とひともんちゃっく

ど素人のテイスティングノート

エアストーン 10年 2018

私の名前はモンチャック、
二つ名など無いただのサラリーマンでございます、
私が取り扱う題材はオサケ、主にウイスキーでございます。

さて、今日のウイスキーは・・・

「エアストーン 10年」

酒の詳細

項目
蒸留所 アイルサ・ベイ (Ailsa Bay)
ブランド エアストーン (Aerstone)
ボトラー ウィリアム・グラント・&サンズ社 (William Grant & Sons Ltd)
シリーズ シーカスク (Sea Cask)
蒸留年 2008
瓶詰年 2018
熟成年数 10
-
カスクNo -
度数 40.0 %
総ボトル数

飲んだ環境

項目
場所 自宅
日付 2021/04
グラス 木村硝子 kojitani travelwineglass
開封状態 開封直後
容量 30ml

↓このグラス、BARで教えてもらったのだが、今までの経験の中で最高のグラス

WB

www.whiskybase.com

公式サイト

www.aerstonescotchwhisky.com

販売

付帯情報

  • グレンフィディックのセラーマスターであるブライアン・キンズマンがブレンドした10年熟成のシングルモルトウイスキー
  • 南アーシャー海岸に位置する倉庫で熟成
  • シングルモルトカテゴリーの味覚表現をシンプルにし、初めてシングルモルトウイスキーを飲む人が、パックに書かれた明確な味の説明を見て、このカテゴリーの味を簡単に理解できるようにすることを目的としたシリーズ
  • 以下2つの相反する気候条件で作られたラインナップがある
    • Sea Cask: ノンピートで海に近い場所にある倉庫で熟成 「スムーズ&イージー
    • Land Cask: ハイランドのピートを使用したピーテッドで内陸部にある倉庫で熟成 「リッチ&スモーキー」

ノート

お気持ち

  • アイルサ・ベイを飲むのは初めて
  • 「スムーズ&イージー」と書かれているだけのことはあって、かなり緩くサラサラで味わいも淡い、だけどなんか気になる芯がある
  • 好みの味ではないんだけど、なんだか気になってグイグイ飲んでしまう
  • 普段強い度数を好んで飲むので、少々物足りなく感じたが、これカスクストレングス出たら飲みたい
  • 「リッチ&スモーキー」の方が私好みな気がするので、Land Cask (ピーテッド)を買うのが正解だったか...
  • 3000円とお手頃価格
  • 淡く甘いがベースだが、飲み込み終わった後は塩辛さとナッツに感じる渋みが残っている
  • 「お花摘みをしている田舎娘だと思ったら、実は狸が化けていた」 みたいな一杯🦝

  • 透き通るゴールド

  • 穏やかに語りかけてくる
  • 初手に淡く甘い香り漂う
  • ちょっとクセのある花の香りが支配的
  • しばらくすると、木の香ばしさやバーボン樽のバニラも感じ取れる
  • 全体的に淡く、甘い焼きたてのパンケーキの様
  • 最後にスッと抜けるようなミントを感じる

  • 舌触り緩く、かなりサラサラな液感
  • 溶かした優しいキャラメルの様な甘さをまず感じる
  • 漢方薬の様な薬草感のある酸味
  • 徐々にウッディーな渋みが押し寄せる
  • 奥にちょっとスッとするミントを感じる

余韻

  • 液体が緩い割には長く、中程度
  • 徐々に渋みが増していく、アーモンドの皮の様
  • 最後に塩気が残る

イチローズモルト 07年 2013 清里 フィールドバレエ 31th アニヴァーサリー

私の名前はモンチャック、
二つ名など無いただのサラリーマンでございます、
私が取り扱う題材はオサケ、主にウイスキーでございます。

さて、今日のウイスキーは・・・

清里 フィールドバレエ 31th アニヴァーサリー」

酒の詳細

項目
蒸留所 秩父蒸留所 (Chichibu)
ブランド イチローモルト (Ichiro's Malt)
ボトラー -
PB/シリーズ 清里 フィールドバレエ 31th アニヴァーサリー
(Kiyosato Field Ballet 31th Anniversary)
蒸留年 2013
瓶詰年 2020
熟成年数 07
バーボン?
カスクNo -
度数 63.4%
総ボトル数 680

飲んだ環境

項目
場所 BAR P
日付 2021/04
グラス グレンケアン
開封状態 開封後1ヶ月以内
残量 1/4ぐらい
容量 15ml

付帯情報

  • 清里の奇跡」と謳われる至高のシリーズ
    • 25th は白州
      • バレエの力強さを表現するために、山崎50年もバッティングされているという噂もあるとか無いとか
    • 26th〜29th が羽生原酒+川崎グレーンのブレンデット
      • 羽生原酒は年数-1、(26thの場合は25年)
      • 川崎グレーンはどれも40年
    • 30thが白州30年で15本しかこの世に無い
    • 31th(今回)が初の秩父原酒のシングルモルト
  • フィールドバレエ 第31回の演目「白鳥の湖」のイメージに合わせてバッティングした、シングルモルトです
    • 白鳥の湖のストーリーの軸となる。「白と黒」、「善と悪」の対比をイメージし、「ノンピート原酒とピーテッド原酒」をバッティングしたそうだ
    • バッティングは、肥土社長監修の元、ブランドアンバサダー の吉川氏によって行われたそうだ

ノート

お気持ち

  • 「カラッと晴れた春の朝に森林浴していたら眠ってしまい、起きたら夕方で湿気が増え、雨が降りそうになっていた」 みたいな変化を楽しめるボトル🌲
  • 過去清里イチローモルトの中では一番私好み ❤️ (特にモルティーさが)
  • ピート原酒配合だが、ピートの主張はそこまで多くない
  • 7年熟成と言われているが、もう少し熟成された原酒が混ぜられてる気がする (想像です)
  • 最初は「甘と酸」主体の優等生な味わい、徐々にモルティーな香ばしさが、最後はピートや渋みが出てくる変化、まさに「白鳥の湖
    • この味の変化を意図的に実現したのだとしたら神業と言っても過言ではないだろう
    • 秩父ウイスキー祭りの時は面白い "オネイサン" だと思っていたが、素晴らしいブレンダーだった事に驚き!!
  • イチローモルトの木の強い酸みたいな味は控えめ
  • 味はしっかりしているのに、飲み疲れしない優しい感じあり、変化も楽しめるので飲み飽きない

  • 麦わらぐらいでしょうか (店内が暗いのでなんとも)
  • 透明感あり

  • グラスから離れていてもリンゴ系のフルーツ香が漂う
  • 刺激臭は無く、穏やだがしっかりと語りかけてくる様相
  • さらに近づけると、リンゴっぽさからもう一歩濃くなり、黄色いフルーツ(アプリコットや黄桃系)の香りも入ってくる
  • フルーツ香に慣れてくると、奥からバーボン樽らしいカスタード系のクリーミーさが現れる
  • さらに時間が経つとモルティーさ、全粒粉ビスケットや少々焦がしたパンの様な香りが感じ取れる
    • ピート原酒と言われているので、ピートの香りを探したが強いピート感はなく、良く焼いたパンぐらいの香ばしさ
  • イチローモルトの特徴的な針葉樹っぽい香りは、今回はかなり控えめだが、裏にうっすら感じる

  • 要素は香りとほぼ変わらず
  • 味は一口目から舌の上ではっきり捉えることができる
  • 63%だが、アルコールの刺激はそこまで強く感じず
  • 液体はゆったり流れ落ちる、オイリーまではいかないがスラスラ流れるわけでもない
  • 口内を覆うように広がる幸福感の片鱗も見える (あくまでも片鱗)
  • 酸味 と 甘味 がバランス調整をしている印象で、若干酸味が優勢
  • イチローモルトらしい、スット抜けるミント感は健在
  • 煮つめたリンゴ系のフルーツとモルティーさが相まって、ちょっとリンゴの酸が強めのアップルパイの様
  • 奥の方で、慣れ親しんだイチローモルトの針葉樹っぽい木の味やバニラカスタードの甘みが下支えしている

余韻

  • 中〜長
  • 徐々に酸が隠れ、モルティーさが強くなる、穀物のコクと渋みが露出してくる
  • 余韻に来てようやく優しい焚き火感みたいなピートの片鱗が見えた

おまけ

f:id:montyakku:20210412153009j:plain

静岡蒸留所見学備忘録02 (試飲編)

概要

  • ガイアフロー 蒸留所の見学に行ってきたよ
  • ニューポットとカスクサンプルの試飲をしてきたのでその備忘録

お気持ち

  • フォーサイスの薪直火蒸留器で作った酒の方がモルト感や穀物感みたいなものが良く出て好き
    • 軽井沢の方がフルーティーさがあって一般うけしそう
  • ニューポットは2つとも結構良いなと思った
  • カスクサンプルになると、熟成日数短いながらも樽が結構強く出る気がする
    • バランスが崩れるとエグミを感じる
    • ちょっと加水したほうが樽の強さを分散できて良いかもしれない
  • プロローグKを飲んだときにも感じたけど、今の所「きな粉っぽさ」が静岡蒸留所の特徴かな〜
  • 10ml 短塾ハイプルーフ6杯は、途中で飽きる💦

試飲

  • 全6種試飲できた
    • ニューポット2種
    • カスクサンプル 4種
  • 全試飲の共通項

f:id:montyakku:20210408090424j:plain

ニューメイク

No 蒸留器 麦芽
1 軽井沢 英国産
2 フォーサイス 英国産

カスクサンプル

  • 樽: EX バーボン
No 蒸留器 麦芽
3 軽井沢 英国産
4 フォーサイス 英国産
5 軽井沢 日本産
6 フォーサイス 日本産

感想

No1

f:id:montyakku:20210408090536j:plain

  • フルーティーさ、華やかさがある
  • ニューポットらしく草っぽさも強い
  • 味も思いの外フルーティー
    • 若い黄色い果実っぽさ、若いプラムや若い パイナップル
  • 軽井沢蒸留機のサンプル中では、カスクタイプより好み

No2

f:id:montyakku:20210408090604j:plain

  • こちらはイーストっぽい香りがある
  • No1と比べるとより香ばしく穀物感出てくる
  • 軽井沢よりフォーサイスの薪直火の方が好みかも

No3

f:id:montyakku:20210408090622j:plain

  • 化粧品っぽいパウダーっぽさ
  • デパートの一階のような香り
  • 何ヶ月物かわからないが、結構樽感出ていてウッディー
  • じわじわと舌に根菜っぽい味が残る
  • 度数の割に刺激は低いが、青臭い
  • 6つの中で一番苦手

No4

f:id:montyakku:20210408090635j:plain

  • 香りは優しめ
  • うすめた石鹸香
  • No3程では無いが、デパート感ある
  • バナナ系の、ちょい甘い青臭い香り
  • 味はネットリ刺激的
  • プリンっぽい甘い味
  • 香り同様バナナっぽい甘さと青臭さ
  • 舌への刺激は強め

No5

f:id:montyakku:20210408090650j:plain

  • 程よく強めの酸の効いた香りが支配的
  • 少しコップから離れて嗅ぐとジャスミン茶っぽい香り
  • 近づくと酸の刺激が強くなる
  • フルーツ酢
  • パウダーっぽさあり
  • ヤクルトの様な乳酸菌飲料感もある
  • 舌触りは刺激的
  • 含んだ直後に甘みを感じるがすぐに渋みと酸が強くなる
  • きな粉っぽさが出てる

No6

f:id:montyakku:20210408090704j:plain

  • パウダーっぽさ
  • 缶詰のパイナップル、パイナップル味の飴
  • 鼻への刺激は強め
  • 舌触りは強すぎず
  • きな粉っぽさが出てる
  • 香ばしいモルト感でてる
  • 6つの中で一番好み

おまけ

お土産コーナーで以下が欲しかったけど売り切れてた😭 まぁ、みんな考えることは同じですね

  • ガイアフローロゴ入りのグレンケアン 売り切れ
  • ガイアフローロゴ入りポロシャツ 黒 Lサイズ 売り切れ

クーポン使いたかったので、手頃な値段&サイズでいかにもお土産用な感じの以下を買いました

f:id:montyakku:20210408123752j:plain

静岡蒸留所見学備忘録01

概要

  • ガイアフロー 蒸留所の見学に行ってきたので、教えて頂いた内容を備忘録にしたよ
  • 2020/03

お気持ち

  • とにかく、オール静岡で作り上げるというパッション🔥
  • 行くと樽オーナーになりたくなっちゃうよ🤗
  • 最近PB静岡出したバーにて、当時の静岡蒸留所の写真見せてもらった。3年での進化は目まぐるしい

はじめに

  • ♨️のような入り口
  • 見学開始時間までは、2階のテイスティングコーナ & お土産売り場で待つ
  • 入場料は1000円
  • お土産500円OFFの割引券もらえる

f:id:montyakku:20210405060715j:plain f:id:montyakku:20210405060705j:plain f:id:montyakku:20210405060701j:plain

精麦

  • 今使っているのは以下二種
    • 国産サチホゴールデン
    • 英国産麦芽
  • 今季は静岡産麦芽を使う事を検討している

粉砕・糖化

  • 以下の割合で粉砕している
    • ハスク (30%)
    • グリッツ(60%)
    • フラワー(10%)
  • 写真の通り、ハスクが粗く、グリッツが中間、フラワーはパウダー状のこと
  • ハスクだけだと糖がとれない、フラワーが多いと糖化時に目詰まりを起こす
  • ハスクやグリッツが糖化の時に濾過槽になる
  • 2:7:1 が一般的に良いとされている粉砕比率なので、静岡はちょっとハスク多めですねぇ (理由は聞けなかった🥺)

f:id:montyakku:20210405055744j:plain f:id:montyakku:20210405060614j:plain f:id:montyakku:20210405055855j:plain f:id:montyakku:20210405055852j:plain

発酵

  • 酵母はマウリ社のピナクルを使用
  • 今後は、静岡の企業に頼んで開発した、「静岡モルト酵母」の併用を考えている
  • 発酵槽は以下10基、作成は日本酒の木桶メーカーに頼んだ
  • 元々オレゴンパインだけだったが、日々増えている
  • 発酵では7%〜8%のアルコールができる
  • 酵母がアルコール分解を終えると、自らのアルコールで死に絶えその後乳酸発酵が始まる
  • 乳酸発酵後は甘酒みたいな香りがする、酸っぱい液になればなるほど、蒸留後豊かになる
  • 木桶を使う理由は、乳酸菌が住み着きやすいから
  • 発酵槽の木材の違いによって味がどう変わるかはまだわからない
  • オレゴンパインと静岡杉では、乳酸菌の住み着く量に違いがある
    • どっちがどれぐらい多いかは、企業秘密

f:id:montyakku:20210405055902j:plain

f:id:montyakku:20210405055849j:plain 奥4基がオレゴンパイン、手前が静岡杉

f:id:montyakku:20210405055859j:plain

蒸留

  • 蒸留機は以下三機
  • アルコール度数は75%〜64%で取得し、加水で63.8%にしてから樽詰めする
  • 樽詰めできるのは、もろみの10%程度の量になってしまう
  • ミドルカットは、オフフレーバーが抜けたあたりで決定
  • 水は安倍中河内川のを使用
  • 排水は、蒸留所前のプールに行っている
    • 防水用水と景観を兼ねて、建物前に大きめにプールを作った

f:id:montyakku:20210405060718j:plain プール

フォーサイス社製蒸留機

  • 薪直火で温度調整する
  • かまどの部分は、ピザ窯の制作会社に依頼した
  • 薪直火は世界初
  • 薪は地元の間伐材を利用している
  • 内部温度は800度
  • 焦げつかないように、ラメージャーが回転している
  • 焦げっぽい力強い味に仕上る

f:id:montyakku:20210405055940j:plain 右が再留釜、左が薪直火蒸留機

f:id:montyakku:20210405055930j:plain f:id:montyakku:20210405055943j:plain

軽井沢蒸留器

  • 4機買ったが、そのまま使えなかったため状態の良い部品を結合し1機した
  • 軽やかなフルーティーな味に仕上る

f:id:montyakku:20210405055936j:plain 軽井沢蒸留機

f:id:montyakku:20210405055946j:plain 冷却機

f:id:montyakku:20210405055923j:plain これは、今は使ってないスピリッツ用の蒸留機

熟成

  • ラック式で保管
  • バーボンバレルの中古樽を使う
  • オーナー樽の場所移動などは行わない
  • エンジェルシェアは5%〜6%
  • 熟成を早めたいため、わざと温度変化が起こりやすい状況にしている
    • 天井にも窓がある、太陽を取り込めるようにしている
    • 温度変化を減らすのは簡単だが、増やすのは大変なので、まずは変化しやすい環境を作った

f:id:montyakku:20210405060017j:plain f:id:montyakku:20210405060014j:plain f:id:montyakku:20210405060009j:plain 樽オーナー用のクォーター樽

f:id:montyakku:20210405060027j:plain f:id:montyakku:20210405060024j:plain

f:id:montyakku:20210405060020j:plain 左二つは一緒に見学した樽オーナーの方の樽

ロバートバーンズ シングルモルト

私の名前はモンチャック、
二つ名など無いただのサラリーマンでございます、
私が取り扱う題材はオサケ、主にウイスキーでございます。

さて、今日のウイスキーは・・・

「ロバートバーンズ シングルモルト

酒の詳細

項目
蒸留所 アラン蒸留所
ブランド ロバートバーンズ (Robert Burns)
ボトラー -
プライベートボトル -
シリーズ ロバートバーンズ シングルモルト
蒸留年 -
瓶詰年 -
熟成年数 -
-
カスクNo -
度数 43 %
総ボトル数 -

飲んだ環境

項目
場所 自宅
日付 2021/02
グラス グレンケアン
開封状態 開けたて
容量 30ml

WB

www.whiskybase.com

公式ページ

www.robertburnswhisky.com

公式テイスティングノート

アロマ 蜂蜜、タフィーをかけたピーカン、フレッシュな夏のフルーツの甘くてクリーミーな香り。

豊かなモルトと豊かなバニラの香りの完璧な組み合わせが、美しく爽やかで滑らかな口当たりを形成しています。最初は軽やかで甘く、その後スパイスとオークの香りが続きます。

ヘーゼルナッツとミルクチョコレートの余韻が残る、クリーンでフレッシュな味わい。詩のようなリキッドであり、吟遊詩人に乾杯するのに最適な一杯です。

輸入代理店のページ

whisk-e.co.jp

付帯情報

ノート

お気持ち

  • 酒屋さんに「Arranもいいけど、こっちのロバート・バーンズ結構ウマいんだよ」と雑談の中でオススメ頂いた一品
    • 存在は知っていたものの、今まで私の中で一度も気に留めたことが無かったので俄然興味をもった
      • 多分今回勧められなければ、一生買うことも飲むことも無かったであろう
    • 好感を持っている相手に勧めて頂いた物ってとても気になるんだよなぁ
  • 価格も3000円少々なので、お安め
  • 年数表記が無いので結構若い厳守も混ざってるのかな?
  • DISTILLERS LTD. ARRAN て書いてあるので、まだARRAN蒸留所だったころの物か? ロックランザ表記の物が今後出てくるのか気になるところ
  • ロバート・バーンズの名前と写真でボトル出しちゃうのは中々ずるいね!
  • ボトルの前を通る度に、「こっちみんな」って思ってしまう.
  • オーバン14年OBと結構味が近いように思った
    • オーバン14年OBを少しマイルドに、特に柑橘感をマイルドにしてかき氷のメロンシロップを数滴垂らした様なイメージ
  • 教えて頂いた酒屋さんが好きなボトルは、「オーバン」とか「プルトニー」との事だったのでなんとなく近いモノを感じた
  • 多分、ストレートで飲むより水割りとか炭酸割りとかの方がうまそう

  • イエロー
  • 透明
  • 粘性小

  • 穏やかに語りかけてくる
  • みかんの花から取った蜂蜜を使ったお菓子
  • 食玩のオマケのガムみたいな、薄めたかき氷のメロンシロップの様な香りが特徴的

  • 甘みと酸味が拮抗してバランスを保っている
  • 渋みはほぼ無いが、後味に少々感じる
  • 塩気も少々
  • 多少舌にまとわりつくぐらいの粘性があり
  • 食玩のオマケガム味
  • 柑橘系の薄いオレンジ
  • 生姜っぽい刺激もある
  • ハーブ、草っぽさも少々あり少しミンティーさも感じる

余韻

  • 短い
  • 食玩オマケガムは常に付きまとう
  • 雑味のあるシリアル感が残る

グレンモール 1978 ゴードンマクファイル オリジナルカスクストレングス

私の名前はモンチャック、
二つ名など無いただのサラリーマンでございます、
私が取り扱う題材はオサケ、主にウイスキーでございます。

さて、今日のウイスキーは・・・

「グレンモール 1978 ゴードンマクファイル オリジナルカスクストレングス」

酒の詳細

項目
蒸留所 グレンモール (Glen Mhor)
ブランド グレンモール (Glen Mhor)
ボトラー/PB ゴードンマクファイル (Gordon & MacPhail)
シリーズ オリジナルカスクストレングス (Original Cask Strength)
蒸留年 1978
瓶詰年 ?
熟成年数 ?
?
カスクNo ?
度数 63.2 %
総ボトル数 ?

飲んだ環境

項目
場所 BAR M(N)
日付 2020/11
グラス -
開封状態 -
容量 15ml

WB

www.whiskybase.com

付帯情報

ノート

お気持ち

  • グレンモール結構好みかもなと薄々感じていたが、これを飲んで確信へ変わった
  • ジンワリウマい系
  • 余計な香味を全部削いで、麦・穀物系に一点集中している感じが良い
  • 麦感を邪魔しない、出過ぎないピートがより味を引き締める
  • リフィルシェリーっぽいけど、あまりシェリー感は無い
  • ランク付けみたいな事はしたくないが、過去飲んだボトルの中でも私の好みベスト10とかに入りそうだ
  • 次にバーに行った時にはボトルが空いてしまっていた... またどこかで出会ったら飲みたい

  • 香り強いが、パンチのある香味ではないので捉えづらさはある
  • モルティー
  • イーストっぽさ
  • オーク
  • 枯れ草
  • 瓶塾された香り
  • 微かにナッティー アーモンド
  • 奥に内陸系のピート

  • 控えめだが麦の心地よい甘さ
  • 酸味は少々、強すぎない柑橘薄めのミカン
  • 渋みはほぼ感じない
  • 麦全開
  • 焦がしモルト
  • 穀物っぽい雑味
  • 粘性あり、舌を覆う感じの心地よさ
  • 口に広がる幸福感

余韻

  • 長い
  • 焦がしモルトの感じが続く
  • うっすら穀物の甘みみたいなものもあり心地よい
  • コーヒーっぽさも少々

ブナハーブン 30年 1968 ザ・ファミリーシルバー

私の名前はモンチャック、
二つ名など無いただのサラリーマンでございます、
私が取り扱う題材はオサケ、主にウイスキーでございます。

さて、今日のウイスキーは・・・

ブナハーブン 30年 1968 ザ・ファミリーシルバー」

酒の詳細

項目
蒸留所 ブナハーブン (Bunnahabhain)
ブランド ブナハーブン (Bunnahabhain)
ボトラー -
プライベートボトル -
シリーズ -
蒸留年 1968
瓶詰年 1998(?)
熟成年数 30
-
カスクNo -
度数 40.0 %
総ボトル数 -

飲んだ環境

項目
場所 BAR N(M)
日付 2020/11
グラス -
開封状態 -
容量 15ml

WB

www.whiskybase.com

ノート

お気持ち

  • カラメル
  • 青りんご
  • 琵琶
  • スパイシー
  • 酸味のあるレーズン
  • 紹興酒

  • 粘性は強くなく
  • モルティー
  • ダークフルーツに浸した木
  • さくらん
  • 薄めた紅茶
  • カカオ
  • 程よい塩気
  • 渋みも少々

余韻